適度な運動とミカン摂取で健康寿命を延ばしていく

ミカンに含まれるおもな健康成分には、疲労回復や冬の風邪に効果があるといわれる「ビタミンC」や、癌、骨粗しょう症予防、糖尿病に対する作用などの研究がされている「βークリプトキサンチン」があります。

また、皮の部分に多く含まれている食物繊維は便秘の予防に役立ち、コレステロールを下げる効果もあります。「クエン酸」はエネルギー代謝や老廃物の排泄を促し、疲労回復に役立ちます。

その他、皮と実の間についている白い綿状の部分に多く含まれているフラボノイド化合物は、ビタミンに似た栄養で毛細血管を保護して血管を強くし、脳卒中予防に効果があるといわれています。

一般的にミカンといえば「温州ミカン」のことをいいます。他には「夏ミカン」や「デコポン」などがあります。「三ケ日ミカン」のブランドで有名な静岡県西部に位置する三ケ日町は、多くの住民がミカン産業に従事しているため、ミカンの摂取量が非常に多い地域です。その一方で、ほとんどミカンを食べない住民もいるため、幅広くミカン摂取量が分布しています。

その三ケ日町で2003年から住民を対象にしたミカンと健康を探る疫学研究が実施されました。その結果、ミカンを良く食べる人は、食べない人に比べて骨粗しょう症の発生率が低いというデータが出ています。

ミカンに含まれる「βークリプトキサンチン」の抗酸化作用が骨粗しょう症の予防に効果があるといわれています。このような検証を元に2015年4月に施行された「機能性表示食品制度」において「三ケ日ミカン」が生鮮食品初の機能性表示食品に認められました。この「三ケ日ミカン」ですが、温州ミカンの中で一番に国内流通しているお馴染みのものです。

消費者庁の公開データに「三ケ日ミカンにはβークリプトキサンチンが含まれています。βークリプトキサンチンには、骨代謝の働きを助けることにより、骨の健康に役立つことが報告されています」と表記されています。摂取量の目安は1日に3個です。無理せずに続けられる量です。適度な運動とミカン摂取で健康寿命を延ばしていくことができそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする