ニキビ跡を残さないためのケア、やってはいけないこと

「ニキビ跡を残したくないなら、それをいじらなければいいだけでしょ?」と、思っている方はいませんか。
そんなことをしていたら、実は、ニキビ跡が残ってしまいます。

そこで、ここではニキビ跡を残さないためのケアをご紹介しましょう。

まず、絶対やってはいけないことが放置です。
意外かもしれませんが、これをしてしまうと、必ず、ニキビ跡として、クレーターができてしまうのです。

そうならないために、感嘆できることというのが、保湿です。

そもそも、ニキビができる原因として1番に挙げられるのが、水分が足りない、もしくは足りすぎる、どちらかだということです。

ですから、程よい保湿状態にすること、それが、最初のニキビ跡を作らないためのケアとなります。

顔だけではなく、体にニキビができた場合にも顔と同じように化粧水、乳液、それに美容液や保湿クリームを塗ってあげるのです。

そうすれば、いつの間にか、ニキビが消えて、ニキビ跡もできません。

さらに、日頃の生活を正すことも大事です。

今まで、あまりにも夜遅くまで起きていて、十分な睡眠をとっていなかったという方の場合、寝る時間を早めることで、お肌が休まる時間を与えるので、かなり肌状態は良くなります。

さらに言えば、「良質な睡眠」をすることで、さらに肌は休息状態を保てるので、水分もぎっしりと与えられ、ぷるぷるでトラブルのない肌を保つことができます。

さらに、もしニキビが完全にできてしまった場合、それをいじるのはよくありません。

それを防ぐためにニキビパッチなどを貼ることで、新たな毒を肌の中に入れないようにすることもできますから、こういったものを利用して、今できたにきびを確実に治すようにしましょう。

ニキビパッチでひっかくとか、新たな菌を肌の中に入れるという恐れを防ぐことができます。

ニキビ跡をきれいに残さないためにも、ケアは必ずしましょう。
その際に、その部分を傷つけないようなこんなやさあしいケアがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする