元気なうちに早めに筋トレをして老化防止をする事が重要

年とともに身体がたるみ、お腹や腰回り、足周りがぶよぶよになり困っているという人は多いと思います。

これは、脂肪が年齢ともにそういう変化をしてしまうためであって対策方法はあるのです。それは脂肪を極力落とすという事と脂肪を筋肉に変えてしまうという方法があります。脂肪を減らすという事も有効ですが、年齢がある程度いっている人で脂肪が少ないとかえって老けているように見えてしまうめあまりお勧めできません。

なので、筋肉トレーニングをして身体の脂肪を筋肉にかえるという方法がベストです。

そこでその筋トレの方法なのですが、ここでは見せる筋肉と使える筋肉どちらに重点を置いてトレーニングするかで方法が変わってきます。単純に見た目の体系としてのおとろえを感じさせないような身体作りとなると、この見せる筋肉を作るという筋トレの方法が良いです。内容としてはジムなどに通いダンベルなど重量のあるものを使ってのトレーニングがメインで、プロテインなども積極的に摂取すべきです。

このトレーニングの良さは気になるところや気をつけたいところに絞ってトレーニングが出来るという点です。例えばお腹だけはでたくないとか、家系的に足が年齢と主に太りやすくなりそうとか、または現在脂肪がついている場所が分かればそこに重点を置いてトレーニングが出来るので自分の理想を実現しやすいです。

そして、もう一点は使筋肉と書きましたが、これは実用的という点でもありますが日常生活の作業のような延長で筋肉をつけるのです。例えば先ほど書いたダンベルのトレーニングですが日常生活でダンベルを持って上下運動する機会なんてないと思います。

なのでこちらでは多少的にランニングやウォーキング、山登りやスクワットや腕立てという普通の筋トレプラス運動でトレーニングします。このメリットは健康的な身体が出来るので見た目のスタイル、体型以外にも老化防止の効果が出てくる事がある事です。どちらにしても元気なうちに早めに筋トレをして老化防止をする事が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする